企業によるグループウェアの導入|業務効率の大幅向上を実現

女性

作図作業の効率化

電気CADの中でも積算ソフトの機能を兼ね備えているような優良な電気CADであれば、作図効率を大幅に向上させることができるだけでなく見積書作成まで簡単なものにすることができるようになるでしょう。

もっと読む

組織の成果を明確化

企業における組織を評価するための経営指標というのは、今まで存在していませんでした。しかし、近年登場したモチベーションクラウドによってそれが可能となり、組織における成果を常に明確化することができるようになったのです。

もっと読む

目的に合わせた製品導入

会計システムを導入する際には、目的に合った会計システムを導入する必要があります。財務会計を目的としている場合には、それに適した機能を備えた会計システムを選び導入しましょう。

もっと読む

利便性の高い支援ツール

会議

グループウェアとは

近年、多くの企業の間で「グループウェア」と呼ばれるツールが注目されるようになりました。グループウェアというのは企業内におけるグループ活動を支援するためのツールのことで、それに適した様々な機能を兼ね備えています。グループウェアにはその主な機能として、チャット機能や掲示板機能、ファイル共有、回覧機能等が備え付けられているのです。ここでは、企業がグループウェアを導入した際に得ることのできるメリットについて知っていきましょう。企業がグループウェアを導入すると、まずコミュニケーションの活性化といったメリットを得ることができます。グループウェアではチャット形式のメッセージ送受信が行なえるため、メールよりもスムーズでリアルタイム性のあるコミュニケーションを実現することが可能です。それは、企業内におけるグループ活動において大きなメリットとなるでしょう。

製品選びについて

企業がグループウェアを導入する際には、オンプレミス型とクラウド型のどちらかの製品を選ぶことが可能です。オンプレミス型というのは製品を購入後、パソコンの内部ストレージ等にプログラムをインストールし初期設定等を行なった上で利用できるようになる製品のことを指します。クラウド型に関しては、インターネットを介して利用することのできるサービスのことで導入時に掛かるコストと手間を大幅に削減することが可能です。それぞれに特徴がありますが、よりセキュリティを重要視しパソコンに関する知識を有しているのであればオンプレミス型の製品を、パソコンに関する知識が少なく簡単に導入を行ないたいのであればクラウド型の製品購入をお勧めします。また、クラウド型を導入する際には、よりセキュリティ水準の高い製品を選びましょう。クラウド型は常にネット上にデータが存在することになるため、高いセキュリティ水準が求められるのです。